意外と知らないお酒の“不純物“

【実践編】雑談ネタ

「あ〜気持ちわるっ…。やっぱワインと日本酒は残るなぁ。。。」

酒飲みならこんな経験一度はあるでしょう。

ワインや日本酒を飲んだ翌朝は二日酔いが酷くなる。

もしかしたら、それはお酒に含まれる不純物のせいかもしれませんよ。

お酒に含まれる不純物とは?

お酒には少なからず不純物が含まれてます。

ここでいう不純物とは、水とエタノール以外の成分で、独特な香りや味、外観をもたらすもの(参考サイト)。

分かりやすい例が、ワインに含まれるタンニン。

そして、この不純物の量は、お酒の種類によって異なります。

ざっくり理解する分には、「醸造酒」「蒸留酒」で捉えた方が早いかもしれません(参考サイト)。

醸造酒は、果実や穀物などの原料に酵素や酵母を加え、発酵させることでできるお酒(ビールやワイン、日本酒など)。

蒸留酒は、醸造酒を加熱しアルコールを先に蒸発させることで余分な水分や不純物を残して、蒸発物から純粋なアルコールを抽出したお酒(焼酎やウイスキー、ブランデーなど)。

一般的には醸造酒よりも、蒸留酒の方が不純物が少ない傾向にあるようです。

蒸留酒の方が醸造酒よりも二日酔いになりにくい?

「蒸留酒の方が醸造酒よりも二日酔いになりにくいんだぜ?」

こんなうんちくを聞いたことがあるかもしれませんが、本当でしょうか。

実際、不純物を多く含むお酒ほど深刻な二日酔いを引き起こすらしいので、なるほど一理あるかもしれません(参考サイト)。

また、蒸留酒と醸造酒の中でも、さらに不純物の大小があるようです。

例えば、蒸留酒の中でも、ラム酒はジンやウォッカより不純物が多い。

一方、醸造酒の中で不純物が多いのはブランデーや赤ワインで、白ワインやビールは比較的少ない。

赤ワインと違い、白ワインはポリフェノールが含まれる果皮や種子を除去して仕込むため、不純物となるポリフェノールが少ないそう(参考サイト)。

同じワインでも、赤ワインと白ワインでは違うんすね。

例外もありますので注意を

ただし、物事には例外がつきもの。

例えば、醸造酒であるビールは、不純物が蒸留酒のウイスキーなどよりも少ない(参考サイト)。

たしかに、地ビールには酵母の沈殿物がたくさんあったりするので、不純物が多いビールもあるはず。

ですが、いわゆる生ビールは工程中のフィルターで酵母を濾過しているため、不純物が比較的少ないのかもしれません。

反対に、蒸留酒であるブランデーの不純物の量は、お酒の中ではトップクラスに多いようなので、飲み過ぎには要注意。

結局、お酒の不純物の量は二日酔いにかかわるので、

「次なに飲もう。ここまできたら何でもいいけど、明日は朝から大事な商談あるからな…」

というときは、不純物少なめのアルコールを選ぶといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました