飲んだ翌朝の「ごちそうさまでした」は意外に盲点

【実践編】営業失敗談

営業に限らずですが、会社の上司・先輩や同僚と仕事終わりに一杯、という時に目上の人にご馳走になること、あるかと思います。

こんなとき。

僕にはある失敗をして以降、気をつけていることがあります。

奢ってくれる先輩たち

新卒で営業として働き出して数ヶ月経った頃のこと。

その日も職場の先輩らに飲みに誘われ、ご馳走になったんです。

「ありがとうございます。ごちそうさまでした!」

会計を済ませたA先輩にお礼を伝えたところ、

「いいよ、いいよ。お前も後輩ができたら奢ってやってくれ」とのこと。

「なるほど。こうやって伝統は引き継がれるのか」

と思ったものです。

で、ここまではありがちな話なんですけど。

翌朝、先輩から注意の一言

さて、翌日。

「飲み過ぎたー」と反省しつつ、平静をよそおい出社。

しばらくすると、当時教育係だった先輩がこちらに歩み寄ってくる。

僕「昨日はおつかれさまでした」

先輩「おつかれさま。朝、Aさんにお礼いったか?」

僕「あっ、いえ…」

先輩「昨晩はAさんが奢ってくれたんだ。『昨日はごちそうさまでした』って、お礼を忘れるなよ」

正直なところ、それまではご馳走になったその場でお礼すれば最低限OK、と思っていたので、平気で翌朝のお礼を忘れたりもしてました。

「ごちそうさま」を忘れたら損

良くも悪くも当時の僕は、先輩の言うことをあれこれ考えず、割と何でも実行していた。

だから、この一件をきっかけに、“翌朝のごちそうさま“にはかなり気をつけるようになりました。

先輩からご馳走になった(少し多めに出してもらった)ときは、その場でだけでなく、必ず翌朝も、しかも出社後すぐにお礼を伝えるように。

もし、翌朝会社で会わない際は、電話やメールで。

さらに、飲みすぎた晩は、メモや携帯のリマインダー機能を使い、万一のお礼の伝え忘れを防止。

しばらく経ってから気づきましたが、逆の立場で後輩に奢った際に翌朝のお礼がないと、

「あの時、先輩が言っていたのは、こういうことだったのか」

と思ったり。

一方、奢った相手から、その場でだけでなく翌朝もお礼を言われたら、やはり気持ちがいいものです。

組織の中での仕事は、人と人との関わり合いで成り立っている。

翌朝のたった一言のごちそうさま、忘れたら損です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました